Blog

「4/21」 オオサワ レイ

お疲れ様です。
オオサワです。

 

 

嫌いな言葉は「気合いで乗り切る」です。
毎度そんなに上手くいくと思うなよ。
次も頑張れよ。

 

 

最近DIALUCKってアーティストをよく聴いてます。

 

 

絶妙な緩さと絶妙な不協和音な感じが良いです。

 

 

今更が過ぎに過ぎてますが、Red Dead Redemption 2やってます。アメリカの西部劇のマカロニウエスタンな無法者ギャング集団達が、銃と馬で荒野を駆け回った時代から法と機械が支配する時代への移り変わりの中で淘汰されていくお話です。


ばーちくそ面白くないけど面白いです。面白くないし楽しくないのが楽しい。


何言ってるか分からないと思いますが、19世紀のアメリカという国を「全て」ゲームの中に詰め込もうとしたロックスターゲームズが贈る狂気の作品です。


まず、今までの他作品なら当たり前のように省略していた、省略をしないとゲームとしての楽しさが欠落してしまう部分。

 

物を拾う
食事を摂る
寝る
休む
料理を作る
キャンプをする
武器の手入れをする


ぜんっぶキャラクターを操作して、専用の動作をする必要があります。


バカじゃん?


apexでアイテム拾う時とかエイム合わせてボタン連打するだけじゃん。


こっちあれだから。倒した敵の胸倉を掴んでポケットとかジャケットとかポンポン叩いて何か入ってるか調べて、全部調べたら敵を地面に降ろして、やっと何のアイテム取得したかのポップが出るから。
その間に押しっぱなしにしてたボタン離したらまた最初からだから。


他にも町の酒場に行って朝までポーカーしたり。


馬で草原を走ってたら脱獄囚に出くわして
「オイ!そこのアンタ!アンタに頼みがあるんだよ
!頼む止まってくれ!」
「この足の鎖をその銃で撃って自由にしてくれないか
!」
「俺は無実なんだよ。あの店の店主を脅すだけで金が貰えるって話だったんだが、まさか渡された銃の引き金があんなに軽いなんて誰も思わないだろう?」


ンー自由にしようかな、法執行官(当時の警察)に突き出そうかな、とりあえず頭撃って苦しまないように仕留めて身ぐるみ引っぺがそうかなーとか悩んだり。


攫われてたギャングの仲間が解放されてキャンプに戻ってきたから、お祝いするぞってギターの得意な仲間がご機嫌な曲を弾いて、それに合わせて皆で火を囲んで歌を歌ったり。


この様に、先程私が書いた「全て」はその昔アメリカという大地で、実際にその時代を生きた人の営みだとご理解いただけたかと思います。


アメリカで生きるって


そういう事だからさ。

 

 


あと29日名古屋です。ご来場予定の皆さまよろしくお願いいたします。

 

 


おやすみなさい。

 

 

ニックネーム(必須)

ゲスト

※掲載される名称につき本名はお控えください